カレー&スパイス伝道師ブログ 2

インド&スパイス料理家、渡辺玲のブログ。2019年9月4日、ヤフーブログから移行。

2012年09月

9月某日

 アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』による「アジアンBBQパーティー」(10月8日、まだまだ予約受付中)の打合せに、『ヤミーズディッシュ』メンバー全員で高円寺のベトナム料理店「チョップスティックス」さんへ(以下敬称略)。

 日本初の生麺フォーの店というキャッチコピーもうれしいが、ベトナム料理はフォーだけではない。ほかにもいろいろ充実したメニューが、場所柄リーズナブルな価格でいただけるのがうれしい。

 今回「アジアンBBQパーティー」では、同店の姉妹店でもあるベトナム焼き鳥の店「ビン・ミン」東京支店(ハノイが本店だそうだ)が特別出店。会場でベトナム焼き鳥をふるまっていただけることが決定したので、そのごあいさつも兼ねて伺った次第。

 ベトナム料理というと「フォー」と「生春巻き」のイメージだが、その道の専門家である『ヤミーズディッシュ』の仲間、伊藤忍さんにあれこれお話を伺ったところ、どうやら、これはインド料理でいう「ナーン」と「タンドゥーリ・チキン」みたいなものらしい。

 そんなわけで、伊藤さんチョイスで、現地ぽくておいしい料理をいただいた。

イメージ 1
 まずはやっぱり「ベトナム焼き鳥」。おそらく日本で専門店は「ビン・ミン」だけだろう。
 中でも「鶏の足」は名物らしい(写真上)。ベトナムだと若い女の子も大好きだそうだ。
 香ばしく焼かれて、ビールやワインにピッタリ。ハイボールやモヒートもいいだろう。
 意外と、食べるところがたっぷりあってクセになる味わい。トンソク好きな私にはピッタリであった。
 下はジューシーなハツの焼き鳥。これまたバツグン。

イメージ 2
 ハツのアップ。ヌクマムやハーブ類、ゴマなどでマリネされているようだ。見た目よりもサッパリして、香りがよく、これ自体辛くはない。インドのマサラとは別方向の味つけが勉強になった(何でもインド料理と比較してしまう。我ながらワンパターンだが、しょうがない)。

イメージ 3
 甘いの、辛いの、いろいろなタレが4種類。焼き鳥以外にも使える。インドではチャツネがこの役目を果たす。

イメージ 4
 手羽先の焼き鳥。コンガリとして香ばしく美味。

 砂肝などもいただいたが、どれも香りがよく、ジューシーでおいしかった。インドのタンドゥール料理、タイの炭火焼きなどと異なる魅力があり、日本のエスニックファンにアピール度大だと思う。

イメージ 5
 春巻きもいただいたが、ちょっと珍しい「蒸し春巻き」。生とは皮の食感もよかった。たっぷりの香菜もグッド。

 ビールも進み、さらに料理をいただいた。次回へ。

《このブログを書いているときのBGM》
LED ZEPPELIN『PRESENCE』(1976)
 またもツェッペリン。ギターの音がやたら硬い名盤。アームも随所に活躍していて、ストラトか? ニューオリンズとパンク前夜みたいな音が合体している。
http://www.youtube.com/watch?v=p6S9oqJRclo
 この曲のドラムは人間業とは思えない。

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ!



9月22・23日 代々木公園

 今や「日本で最大のインド系フェスティバル」という「ナマステ・インディア」。

 去年は行かなかったが、今年は日曜日、行ってみた。

★前日土曜日の様子を収めたテレビニュース映像。知人も映っていた。
http://www.youtube.com/watch?v=yE-n67HfvLk
 
イメージ 1
 当日、東京は朝から豪雨に近い雨。昼すぎ会場に着いたが、やはり例年より人手は少なかった。

 あまりの雨で写真はほぼ撮れず。

 驚いたのは、場内の飲食ブース。
 簡易テントの下、やはり簡素なテーブルだけの喫食スペースで立ち食い状態(私の知る限り、例年これまではイスがあったと思う。雨のためのスペース確保だろう)。
 ところどころ雨漏りしているし、足元ビショビショ。しかも照明なし。
 その中で、多くのインド料理ファンがひしめきあって(満員の山手線みたいだった)、各種のカレーやナーン、ドーサ、スナック、タンドゥーリ・チキンなどを頬張っている姿は妙にインドっぽかった。

イメージ 2
イメージ 3
 いずれも、今回初出店の「にしきや」さんブースにて。
 「ロボット」等の各インド映画と公式タイアップしているそうで、なかなかおもしろいPOP。雨の中、同社の超本格レトルトインドカレーはよく売れていた。

 インド衣料やCD、DVDなどを扱う「はるばる屋」さん、インド書籍や雑誌の通販で私もお世話になっている「書肆なゆた屋」さんなど、知り合いのブースに顔を出しつつ、次の予定もあったので、早々に会場を後にした。

「ナマステ・インディア」はその初期、代々木公園ではなく、墨田区内の会場でこじんまりとやっていたことを知るのは、ベテランのインドファンだろう。

 その頃、私も飲食ブースに出店し(その年はわずか2店の出店だった)、たっぷり用意したはずの「バミセリ・ウプマ(南インド式極細パスタの炒り蒸し)」と「ココナッツ・グリーン・チャツネ」があっという間に売り切れたのは、個人的にも印象深い思い出だ(90年代後半のお話。その頃、そんなメニューを出すインド料理店は日本になかった)。

 料理以外もたいへん示唆に富んだブースやイベントが多く、今ほどインド関連の情報がない時代でもあり、ためになった。

 一方、ドネル・カバブなどインドと関係ない料理まで売っている、現在の「ナマステ・インディア」。
そして公称20万人という人手。

 真の日印文化交流を目指すなら、どこかでちょっと立ち止まり、今の状況について考えてみるのもいいのではなかろうか。

《このブログを書いているときのBGM》
LED ZEPPELIN『Ⅱ』(1969年)
 本日はジョン・ボーナムの命日。いまだに彼を超える白人ロック・ドラマーは現れていない気がする。
http://www.youtube.com/watch?v=cRuTcnd8YLU

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ!



アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』がお送りする「アジアンBBQパーティーin城南島海浜公園(東京都大田区)」

日時:10月8日(月 祝日)12時30分開場~17時終了予定

★参加要項・申込みはこの記事の下の方を参照のこと。

タイ料理家の長澤恵さん、ベトナム料理の伊藤忍さんから、それぞれ当日の予定メニューが発表された(facebookの『ヤミーズディッシュ』ページより抜粋)。

今回はベトナム料理のご紹介だ。



★ベトナム風焼き鳥 Ga nuong
先日高円寺にオープンしたハノイにある焼き鳥『BINH MINH』の東京支店さんとのコラボメニューです。本場の味をここでお試し頂けます!

★焼き海老 Tom nuong
こちらも『BINH MINH]』さんとのコラボメニュー

★牛肉のスパイシー焼 腐乳ダレ 
ターメリックや五香粉、ベトナム醤油に漬け込んだ牛肉の炭火焼。焼きオクラや生野菜、ハーブといっしょにライスペーパーで巻いて、腐乳のタレにつけて。教室でもおなじみですが、今回は牛肉は炭火焼き!

★魚の揚げ焼きディル風味Cha ca
スパイスと調味料に漬けた白身魚を油で揚げ焼きにし、香良いディルと青ネギと油炒めに。米麺のブンと発酵海老味噌のタレと合わせて。

★バナナのもち米包み焼き Banh chuoi nep
半づきのもち米で包み、バナナの葉でくるんで焼いたバナナにココナッツミルクのソースをかけて。


◆アジアンBBQパーティー参加要項◆

【アジアンBBQパーティー(タイ、インド、ベトナムBBQ料理実習、試食会)in城南島】
※食品衛生管理上「料理実習・試食会」として実施させていただくので、その旨ご了解を。

主催:アジアン料理ユニット「ヤミーズディッシュ」
伊藤忍(ベトナム料理) http://www.vietnamfoodnet.com/
長澤恵(タイ料理) http://www.titcaithaifood.com/frame.html
渡辺玲(インド料理) http://www.southern-spice.com/index.html
(以上敬称略)
 各国それぞれの料理や食文化に精通する3人の気鋭アジア料理家によるスペシャルユニット。
 独自のおいしく楽しくイベントから原稿執筆まで、国境を越え、幅広く、ディープに活動中。

日時:10月8日(月・祝)12:30受付開始 13:00スタート~17:00終了(撤収完了予定)
会場:城南海浜公園キャンプ場
   アクセスはこちら。
http://seaside-park.jp/jonanjima/jonan_access.html
 ※2面ありますが、どちらを使用できるかは当日決定。
  当日キャンプ場事務所前でご確認をお願い致します。  

会費:1名様8,000円
   料理代、ドリンク代(フリードリンク)、会場費(1名300円)、
   機材レンタル代、運営費など全てを含みます。

定員:100名 
ご予約方法:下記メールアドレス宛に、必要事項を記載の上メールをお送り下さい。

      panipuri@muh.biglobe.ne.jp

       ・ご予約者氏名(代表者)
       ・ご予約者連絡先(電話と住所)
       ・参加人数       
 ※お申込み後の返信メールでご案内致します指定口座に、
  10月4日までに代表者の方が人数分の会費をまとめて
  お振り込みをお願いします。
 ※メールでのお申込みは仮予約となり、お振り込みが確認でき次第、
  本予約とさせていただきます。期日までにお振り込みの確認が
  できない場合は、キャンセル扱いとさせていただきます。
 ※お振り込み頂いた会費は欠席の場合でもご返金ができませんので
  あらかじめご了承くださいませ。お振り込み後に参加ができなく
  なった場合は、別の方に予約枠を譲って頂いてもかまいません。
 ※お振り込み完了したらご一報をお願いいたします。

料理内容:ベトナム、タイ、インド各国の料理が各5品、合計15品程度登場。
・今回は「アジアンBBQ」がメインテーマなので、各国の焼きもの系メニューが特に充実。
・インド料理としては「タンドゥーリ・チキン」、あるいは「チキン・ティッカ」「シーク・カバーブ」「タンドゥーリ・プローン」的炭火焼BBQアイテムを準備。
・もちろんカレーも用意。外で、皆で食べるインドカレーは最高。

ドリンク類の内容:
・タイ、ベトナム、インドなどのビール
・めずらしいタイのワイン
・ソフトドリンク
 など

★マリネなどの下準備をした料理を参加者自らが焼いて楽しむイベントでもあります。
皆さんにお手伝いしていただくと思いますので、よろしくお願いします。

★食べ放題、飲み放題です。

★野外で3人の料理家が準備した炭火焼のアジアンBBQをみんなで楽しもうという、盛大かつ画期的なイベント。ベトナム、タイ、インドのBBQアイテムのほか、各国のスペシャルメニューが多数登場。それぞれの国の料理ファン同士の交流も図れるまたとないチャンス。奮ってご参加ください。

 珍しいベトナムの焼き鳥も登場。乞うご期待!

イメージ 1
 以前、忍さんのディナーパーティでいただいた「揚げ魚のトマトソース煮」。
 トマトソースにディルの生葉というのが、私にはたいへん新鮮で印象的な美味。
 今回の「魚の揚げ焼きディル風味」も大いに楽しみだ。

《このブログを書いているときのBGM》
TEDESCHI TRUCKS BAND『REVELATOR』(2011)
 インド系チューンも入ったアーシーな夫婦バンドの名盤。進化するサザン・ロック。
http://www.youtube.com/watch?v=-5r_IaGnqwQ
 こういうセンス、私は大好き。日本のファンには当初デレクのインド系楽曲は大不評だったそうだが、その偏狭ぶりをあざ笑うように彼はそれを継続し、自分だけの個性として見事に昇華・定着させた。拍手を送りたい。

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ!



アジアンBBQパーティーin城南島海浜公園(東京都大田区)

日時:10月8日(月 祝日)12時30分開場~17時終了予定

★参加要項・申込みはこの記事の下の方を参照のこと。

タイ料理家の長澤恵さん、ベトナム料理の伊藤忍さんから、それぞれ当日の予定メニューが発表された(facebookの『ヤミーズディッシュ』ページより抜粋)。

今回はタイ料理について、報告しよう。

タイ料理:長澤恵担当

★豚肉のサテ ピーナッツソース~ムーサテ~
豚肉を柔らかくタレに浸け込み、ジューシーに焼き、ココナッツベースのピーナッツソースを添えて。炭焼きの薄焼きパンと共に。

★牛肉のグリルサラダ~ヤムヌア~
牛肉のステーキを炭火でグリルにし薄切りにして、サラダ仕立てに。

★白身魚のグリル野菜包み~ミャンプラー~
魚を丸ごと炭火でグリルにし、魚の身をほぐして野菜で巻き、タオチオ(味噌)ベースのソースと共に。

★鶏肉とハーブのバナナ葉包み焼き~ンゴップガイ~
たっぷりのハーブを鶏肉と混ぜ、バナナ葉に包んで炭火で焼いたイサーン地方のおかず。

★豚肉と青菜の幅広麺、しょうゆ炒め~センヤイパッシーイゥ~
柔らかい幅広米麺をしょうゆ風味に仕上げた
具材たっぷりの焼き麺。

以上の5品の予定です。

イメージ 1
 以前、長澤さんが出張料理教室をした際、お邪魔して撮らせていただいた、美しい料理の数々。当然、味もバツグン、しかも妥協のない本場の味わい。


◆アジアンBBQパーティー参加要項◆

【アジアンBBQパーティー(タイ、インド、ベトナムBBQ料理実習、試食会)in城南島】
※食品衛生管理上「料理実習・試食会」として実施させていただくので、その旨ご了解を。

主催:アジアン料理ユニット「ヤミーズディッシュ」
伊藤忍(ベトナム料理) http://www.vietnamfoodnet.com/
長澤恵(タイ料理) http://www.titcaithaifood.com/frame.html
渡辺玲(インド料理) http://www.southern-spice.com/index.html
(以上敬称略)
 各国それぞれの料理や食文化に精通する3人の気鋭アジア料理家によるスペシャルユニット。
 独自のおいしく楽しくイベントから原稿執筆まで、国境を越え、幅広く、ディープに活動中。

日時:10月8日(月・祝)12:30受付開始 13:00スタート~17:00終了(撤収完了予定)
会場:城南海浜公園キャンプ場
   アクセスはこちら。
http://seaside-park.jp/jonanjima/jonan_access.html
 ※2面ありますが、どちらを使用できるかは当日決定。
  当日キャンプ場事務所前でご確認をお願い致します。  

会費:1名様8,000円
   料理代、ドリンク代(フリードリンク)、会場費(1名300円)、
   機材レンタル代、運営費など全てを含みます。

定員:100名 
ご予約方法:下記メールアドレス宛に、必要事項を記載の上メールをお送り下さい。

      panipuri@muh.biglobe.ne.jp

       ・ご予約者氏名(代表者)
       ・ご予約者連絡先(電話と住所)
       ・参加人数       
 ※お申込み後の返信メールでご案内致します指定口座に、
  10月4日までに代表者の方が人数分の会費をまとめて
  お振り込みをお願いします。
 ※メールでのお申込みは仮予約となり、お振り込みが確認でき次第、
  本予約とさせていただきます。期日までにお振り込みの確認が
  できない場合は、キャンセル扱いとさせていただきます。
 ※お振り込み頂いた会費は欠席の場合でもご返金ができませんので
  あらかじめご了承くださいませ。お振り込み後に参加ができなく
  なった場合は、別の方に予約枠を譲って頂いてもかまいません。
 ※お振り込み完了したらご一報をお願いいたします。

料理内容:ベトナム、タイ、インド各国の料理が各5品、合計15品程度登場。
・今回は「アジアンBBQ」がメインテーマなので、各国の焼きもの系メニューが特に充実。
・インド料理としては「タンドゥーリ・チキン」、あるいは「チキン・ティッカ」「シーク・カバーブ」「タンドゥーリ・プローン」的炭火焼BBQアイテムを準備。
・もちろんカレーも用意。外で、皆で食べるインドカレーは最高。

ドリンク類の内容:
・タイ、ベトナム、インドなどのビール
・めずらしいタイのワイン
・ソフトドリンク
 など

★マリネなどの下準備をした料理を参加者自らが焼いて楽しむイベントでもあります。
皆さんにお手伝いしていただくと思いますので、よろしくお願いします。

★食べ放題、飲み放題です。

★野外で3人の料理家が準備した炭火焼のアジアンBBQをみんなで楽しもうという、盛大かつ画期的なイベント。ベトナム、タイ、インドのBBQアイテムのほか、各国のスペシャルメニューが多数登場。それぞれの国の料理ファン同士の交流も図れるまたとないチャンス。奮ってご参加ください。

前回の「エスニック・クリスマス・パーティ」同様スゴい充実ぶり。
 ベトナム、インド料理も合わせ、絶対お得な内容だと思う。

次回、ベトナム料理メニューについて、報告する。
お楽しみに。

《このブログを書いているときのBGM》
JOHN COLTRANE『IMPRESSIONS』(1963)
 本日9月23日(1926年)が誕生日のコルトレーン。インド音楽への造詣も深く、ラヴィ・シャンカールらとのつきあいもあったという。
http://www.youtube.com/watch?v=KKm74ylxoMg
 こういう返し技も。1983年。
http://www.youtube.com/watch?v=EjFwVNTZGk8

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ!



9月某日

 インド料理や食の世界よりも、音楽との関わりの方が長い私。

 尊敬するブルース系執筆家の1人、永田清さんから、これまた敬愛するマジック・サムの超名盤『WEST SIDE SOUL』のジャケットがプリントされた本場製Tシャツをいただいた。

イメージ 1

 最初、着ないで飾っておこうかとも考えたが、やっぱりこういうものは着てこそ意味があると思い直し、銀座や高円寺で打合せのある日、着てみた。その日1日、気分がよかったのはいうまでもない。

 マジック・サムは、私にとって、基本であり、毎日味わっても食べ飽きないダールカレーやサンバル、ラッサムといった、インドのベジタリアン料理のような存在。
迷ったら、ここに戻ってくればいい。

《このブログを書いているときのBGM》
MAGIC SAM『WEST SIDE SOUL』(1967)
 全音楽ファン、必聴。死後発売された『MAGIC SAM LIVE!』も同様にマスト。
http://www.youtube.com/watch?v=yZTkj8dgGNE&feature=related

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ!



↑このページのトップヘ