前の記事から、随分と間があいてしまった。書きたいこと、あるいは書くべきことはいくらでもある。
しかし思うに任せない。すべては、病歴15年を超えるパーキンソン病のせいだ。政府が指定する「難病」の1つで、まあ、こんな病気である。

 YouTubeには、私のチャンネルがある。
 スパイスチャンネルだ。

 映像というのは残酷で、体の有り様を現実そのままに映し出す。ここでも、パーキンソン病に起因する手足のふるえや余計な動きははっきりわかるが、編集の仕方がうまいのか、さほど気にならない。

 先日、映画の取材を受けた。来春公開予定のドキュメンタリー映画「カレーは、もはや日本食。」に関連したインタビューの抜粋で「カレー賢者スパイスカレーを語る」という連続企画になっている。

 私の登場場面は、冒頭からパーキンソン病からくる不随意運動(ジスキネジア)全開で、何とも厳しい絵柄だが、いいたいことはいっている。「カレーブロガー」や「スパイスカレー」の信奉者たちが何かいってくるだろうが、実名を出さない輩だろうから、相手にしない。

 ビデオに映る自分を見るのは、はっきりいって苦痛だ。大昔のバンド時代、ステージ上を軽々飛び回っていたはずなのに。とも思う。しかし、現実は現実として受け入れないと、何も始まらない。幸い、料理はきっちり作れるし、舌の感覚もこれまで通り。動かない体を抱えて、今日も頑張ろう。
 月並みだが、私の姿を見て、同じくパーキンソン病の方々、さらにはそれ以外のさまざまな病気で苦しみ悩んでいる方やそのご家族の気持ちが少しでも楽になれば、そして、パーキンソン病を知らない皆損には。こういうやっかいな病気のあること、知っていただければ幸せだ。

《このブログを書いているときのBGM》
OZZY OSBOURNE 『BLIZZARD OF OZZ(1970)』
オジーもパーキンソン病。
https://www.youtube.com/watch?v=U8SCm7kNhOk
それにしてもランディローズ、ナイスなプレイだ。

★「サザンスパイス」新公式サイトはコチラ(料理教室の予約もこのサイトでどうぞ)

★YouTube「スパイスチャンネル」も要チェック!

★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ